トップ

ロレックスの基礎知識

オーバーホールの基礎知識

ゼンマイで動く時計の修理

大人な男性のおしゃれアイテムと言えば腕時計。一言で腕時計と言っても、値段はピンからキリまであり、デザインや大きさ、そしてメーカー、ブランドも実にたくさんあります。

その中でも誰もが一度はあこがれる腕時計がロレックスでしょう。1905年に創業したイギリスのトップメーカーで、老舗が製造する最高級腕時計のラインナップや、人気の高さからその魅力は一目瞭然です。ロレックスのオーバーホールをご検討ならこちら。

腕時計には大きく分けて二つの種類があります。一つは昔ながらの技法で機械を組み合わせて動かすゼンマイの機械式です。他方は電池で動くクォーツ式で、近年広く腕時計市場で取り扱われているのはこのタイプです。

クォーツ式は、比較的安く製造することができ、防水加工や衝撃に強い構造を用いやすく、メンテナンスは電池交換だけで済むため気軽に身に付けられます。ただ、電気回路が故障してしまうと修理は難しく、寿命を迎えてしまう場合が多いです。

機械式の腕時計は、精巧に組み合わせた機械を動かしています。毎日使用するうちに、潤滑油が切れて部品が摩耗し、劣化が進みますので定期的にメンテナンスしてあげる必要があります。この機械式時計を分解して部品交換をするメンテナンスをオーバーホールといいます。故障する前にきちんとオーバーホールして、内部の機械がスムーズに動き続ければ、その分時計の寿命も長くすることができます。

ロレックスは機械式時計の中でも特に頑丈で、メンテナンスを行えば一生ものの価値ある時計です。自慢の時計を長く愛用するためにもオーバーホールは不可欠です。

Copyright © オーバーホールの基礎知識. All rights reserved.